●航空用語解説●

自家用機を中心に、難しい航空用語を分かり易く解説します

■後方乱気流とは

■後方乱気流(ウエークタービュランス)とは、飛行中の航空機の主翼両端から発生する、渦状の気流です。
 翼の端において、翼の下面から上面へと、翼を回って巻き込む流れによって「翼端渦」が連続的に発生します。

 後ろを飛んでいる飛行機がこの乱気流に突入すると、大型航空機でも墜落や機体の破損等の事故の可能性があり、非常に危険です。
 後方乱気流は上空を飛んでいる時だけではなく、航空機が離発着する空港でも発生します。
 このため、後を飛ぶ航空機への危険性を回避するため、飛行場では「後方乱気流管制方式」というものが定められていて、安全な航空機の運航間隔を確保しています。


posted by Captain飛燕 at 10:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 用語解説
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック